普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

i.sb転送を止めてgmail環境に統一しました♪

今日は、長いこと整理したかったiPhoneのメール環境をいじってました。

実は私、ずっとi.sb(=i.softbank.jp)中心のメール環境でした。公開してるアドレスはgmailなんですけど、受信メールをgmailのフィルタで、常にi.sbに転送。逆にgmail側は、転送後に既読にしてラベルを付けてアーカイブに送る運用をしてました。

こうしたかった理由はふたつ。

ひとつは当時、gmailのプッシュ環境が無かった時代だったので、新着メールの時にi.sbの通知(=画面が暗くなる奴)を使いたかったから。そして、もうひとつはi.sbそのもののアドレスはあまり公開したく無かったからでした。

i.sb側は、フォルダを作って振分(=手動)してました。ただ最近、面倒になってきたんです。仕分けるのが大変…orz MacメーラーやiPhoneメール振分アプリで一括振分する手段もあるのですが、だがしかし、やっぱり手動なんで大変なのです。

それから、i.sbへの転送は万能ではなく、gmailの添付ファイルサイズが大きいとi.sb転送がエラーになるというのも痛かった…。エラーになってたメールに気づかず、ずっと放置していたこともありました。これを知った時、かなりショックでした…。

更に極めつけは、i.sbにメール転送の機能が無いこと。これはかなり致命的。一旦、i.sbにメールが入ってしまったら、そこが最後の終着点になっちゃう。抜けれない。

今まで良く、iPhone3G、3GS、4と我慢してたな…と自分自身に感心しちゃいました(;^ω^) gmailのプッシュ通知は、今ならばたくさんのアプリが対応してます。私が使ってるBoxcarもそのひとつ。もはやi.sbを中心にする必要性が無いのです。

で、今日やったことを列挙。

  • gmailのフィルタでi.sbへの転送を止める
  • gmailに(i.sbフォルダ名と同じ)新しいラベルを登録する
  • gmailのアーカイブを受信箱に移動する
  • gmailのフィルタで自動振分を設定する
  • 振分が終わってラベル付になったメール群を再びアーカイブへ戻す
  • 自動振分の対象外となったメール群を振分ルールへ追加していく

i.sb側ですが、もしかしたらi.sbのアドレスを使ってるWebサービス等があり、直接i.sbに届くケースもあるのかな?と思ってそのままにしました。意図しないi.sbメールが飛んできたら、画面が暗くなるプッシュになるんでチェックしやすいですし。

しばらくgmail中心の運用をしてみて問題が無さそうだったら、i.sbのフォルダやら既存メールやらの大掃除をしようかと思ってます。

ということで、あまりにも地味すぎて中身が無いんですが、今日はこれをひたすらやってました…。まだラベルが付いてないメールも多く、時間掛かりそうです。

-

タグ: Gmail, i.sb

Similar Posts:

5 Comments

  1. [...] i.sb転送を止めてgmail環境に統一しました♪ | 普通のサラリーマンのiPhone日記 [...]

  2. singo405 より:

    ですね。i.sbの転送機能ないのを知ったのと、今後普通の携帯に戻る事はないと考えてiPhone3G購入後、1週間でgmailをメインにしました。
    ただ、あまりメールは来ないので(汗)ラベル付けはしてないです。

    そー言えば、MBAご購入されたようで。おめでとうございます。いいなー

  3. hiro45jp より:

    singo405さん、

    コメントどもども。
    なんか長年同じ設定だったんで、踏み切るのって逆に勇気が入りまして…。
    やっと整理できて良かったです。最近のgmailの優先トレイとか
    まだ使ってませんが、これを機に、ちょっとgmailの世界というかポリシー
    を学んでみようかなーと思っちょりまする!

    MBAゲットしちゃいました。こちらもありありー♪

  4. [...] ◆ 普通のサラリーマンのiPhone日記 i.sb転送を止めてgmail環境に統一しました♪ [...]

  5. [...] ◆ 普通のサラリーマンのiPhone日記 i.sb転送を止めてgmail環境に統一しました♪ [...]

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>