普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

三角クレードル(Philips製)を2ヶ月間使ってみた

iPhoneを流行らせる為、ずっとお出かけしていたiPhone 3Gが、久しぶりに我が家へ戻ってきました。で、待ち望んでたiPhone 3GSでiPhoneが撮影できるように(´∀`)

帰宅記念に、ずーっとレビューが遅れていたお気に入りのiPhoneクレードル「Philips TriDock – 超ポータブルiPhoneクレードル」をご紹介してみます。

私がこのクレードルを知ったきっかけは2月くらいにTwitterで誰かがツイートしてたのを捕捉してからでした。暫くして発注し、商品が到着後、早いもので2ヶ月が経過。その間、毎日使っていて壊れることなく頑丈、頑丈。何の不満もありません。

下の「電脳中心買物隊 in 香港」さんが販売元。決済の方法はちょいと面倒で、カゴに入れると振込先が出てくるので、そこに振込完了すると商品発送されるというレトロな感じ。振込を忘れると永遠に届かないのでご注意を…。

まずは全体像。私の場合、会社PCにUSBは接続できないルールなので、いつも直接電源を指して使ってます。特に気にはなりません。

電源を入れると青く光ります。この色が格好良い。

青く光ってる場所はボタンにもなっていて押すとビュンってカバーが開きます。カバーは後ろに反らしても結構いける感じ。エアジャケ程度だったら余裕でカバー付きで使えますが、広げる時はやっぱり怖い。いつポキって折れるか心配で心配で…。結局、裸で使ってます。尚、カバーを閉める時には、カチっと音がするまで押すだけでOKです。

このクレードルの良いところはゴム形状に囲まれててクッションと滑り止めを兼ね備えた作りになってるところ。クレードル底は全面ゴム。横もゴムで囲まれてます。iPhoneとの接着面もゴム。ってことでiPhoneを装着して置くとくと、かなり安定感があります。

装着したところを横から見た感じ。今回はiPhoneは裸でしたが、カバーが思ったよりも動くので折れない程度に広げて使うことはできそうです。CaseMateカバーでお試し済。

うーん。改めて見るとカバーのところは生命線ですね(;^ω^)

会社にいる時はずっとこのスタイル。時計がPCの左手にある風景が当たり前になり、逆にこうなってないと違和感を感じるようになりました。

三角クレードルなんで横向きにしても良い感じです。サイド部分もゴム形状なので滑り止めになってます。たまーに横向きにして気分転換してます。

気になるお値段ですが、3700円。ちょっと高めですが、丈夫でずっと使い続けられていることを考えると個人的には「買い!」だったと思います。

関連商品は、基本的に良いものを厳選してから購入する場合、人柱的に購入する場合のどちらかにしてるんですが、今回のは人柱的購入。でも、大正解でした(´∀`)

-

タグ: Case, Philips TriDock, クレードル

Similar Posts:

One Comment

  1. [...] : AFPBB Newsfc2:1 暴走族に疑問「耳痛くならないの」「金どう稼ぐの」newsing:1 三角クレードル(Philips製)を2ヶ月間使ってみた | 普通のサラリーマンのiP…fc2:1 ヒット商品を産み出す人と組織 – 人と組織と、fukui’s blogfc2:1 [...]

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>