普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

なんか大量に機能アップしたぞ(゚Д゚ ) – Reeder 1.1

ちょっと前に紹介したGoogleリーダー同期アプリのReeder(有料115円)が、ものすごいバージョンUPをしてきました。これにはビックリです(゚Д゚ ) シンプルから一挙に高機能になりました。

091111b091111b

機能アップした点は以下の通り。群雄割拠に殴り込みです。

  • Instapaper連携機能の追加
  • Read It Later連携機能の追加
  • Delicious連携機能の追加
  • 内蔵メーラー共有機能の追加(リンク or 記事全文)
  • フォントサイズの変更可
  • 横表示有無の変更可
  • Google Alert Feedsを正しく配信
  • パスワード内の特殊文字を許容
  • 記事一覧のスクロール位置の維持
  • オフライン復帰時の同期バグ解消
  • 未読が無い時のキャンセルバグ解消

一挙に競合と肩を並べる結果となりました。

091111b091111b

設定メニューが大幅に変わってます。Other Accountsで各種連携先のIDが設定できます横表示の可否やフォントサイズも選べるようになりました。

091111b091111b

画面は相変わらず特徴的。ほわっとした雰囲気で反応も悪くありません。同期も優秀な方だと思います。スピードも速いし、同期中の記事閲覧も安定してます。強いて言えば、ボタン位置が残念なところ。手が大きく無いと(;^ω^)

左下のボタンが連携メニューになってます。押すと連携方法が選べます。上記スクリーンショットでは、Read It Later連携とDelicious連携をオフにしてるのでノート、Instapaper、メールリンク、メール記事の4つだけ表示されてます。最大6つのメニューが出てきます。

091111b091111b

Instapaperへの連携。Descriptionも設定出来ます。最初の連携時だけ、パスワードを聞いてきますのでセット。2回目以降は聞いてきません。

091111b091111b

内蔵メーラーではリンクだけ投稿する機能、記事を全部貼り付けて投稿する機能が選べます。デフォルトの宛先が設定出来ないのがおしい!ちなみにメーラー連携は、記事一覧からは出来ません。あくまで記事単体に対して行う仕様です。

尚、内蔵ブラウザで元サイトを見ている時には記事貼り付けの機能は使えません。ノート、Delicious、Instapaper、Read It Later、メールリンクの5つのメニューのみ利用出来ます。

まとめ。

今の私のレギュラーは、RSS Flash gなんですが、最近のバージョンUPで、同期後に空フォルダが消えないバグ?が出ちゃったんです…。それもあって、しばらくReederで運用してみようかな〜と思ってます。浮気です。Reederは画面の好みが分かれると思いますが、私は癒されてます(´∀`)

これだけ高レベルで115円は安いっす。ユーザーとしては嬉しい限り♪

-

タグ: Googleリーダー, Reeder

Similar Posts:

3 Comments

  1. [...] なんか大量に機能アップしたぞ(゚Д゚ ) – Reeder 1.1 | 普通のサラリーマンのiPhone日記 [...]

  2. KEN より:

    私はMobileRSSに浮気中ですw

    RSS Flash gは、高機能なのとメイドインジャパンの安心感があるのですが、ver 1.9.3のバグでいまいち不安定だったので、この前無料セール中だったMobileRSSを軽い気持ちでポチッと。
    画像キャッシュもあればあったで良いモノです。

  3. hiro45jp より:

    KENさん、コメントありがとうです。

    MobileRSSも良いアプリですよね〜。
    アプリ内で既読、未読が切り替えられたらパーフェクトなんですけど…。
    バージョンUPして欲しいです〜。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>