普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

アプリのバージョンUPを見逃さない為に – IPAのアイコン表示

ここ最近、ものすごい数のアップデート数です…。単純にiPhone OS 3.0対応だけならば良いけど、実は他の機能も増えていたりするので、気になるアプリは変更点を抑えておきたいところです。

しかし!

これでもか!ってくらい毎日アップデートの報告があるんで、見逃しちゃうリスクや、一度見たけど忘れちゃうリスクがあるのは否めません。

後から振り返る時に少しでも効率的に調べられたらな~と思って、色々調べていたら、MOONGHTさんで拡張子.ipaファイルのアイコンをアプリのアイコンとして表示するMacのPluginを紹介されてたんで、導入してみました。

※以下、母艦がMacな方を対象に書いてます。

iPhoneアプリのサムネイルを表示する「IPA Quick Look Plugin」
http://feedproxy.google.com/~r/jp/moongift/~3/FDMmhI9jsD0/

インストールした後、Macを再起動するとFinderでのアイコン表示が変わってるのが分かります。Finderの表示をCoverFlowにして、変更日の最近のものからソートすると、変更アプリの一覧がすぐに確認できます。

導入の手順

  1. IPA Quick Look Pliginをインストール
  2. Macを再起動
  3. iTunesのアプリケーションのアイコンを選び、Finderで表示
  4. 表示された一覧の親フォルダをツールバーにショートカット
  5. 表示をCoverFlowにして、変更日を降順にする

矢印キーで進めていけばサクサクと直近にアップデートしたアプリが確認できるので、気になるアプリがあれば、再度、iTunesで説明を見たり、iPhoneに落として動かしてみたり…。というアクションに繋げることが出来ます。

f:id:hiro45jp:20090705161423p:image

純正で(というかiTunes内で)アプリ管理が容易になる仕組みを提供してもらいたいんですが、それまでは簡易な方法ですが、このやり方で対処していこうかな~と思ってます(;^ω^)

-

タグ: Mac

Similar Posts:

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>