普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

写真の回転とモザイク加工がワンセット! – PhotoCooker1.02

iPhoooneさんのサイトを見ていて気になるアプリを発見しました。日本製の期間限定の無料アプリ「PhotoCooker」です。以前紹介した写真ローテーションのPhotoRotatorより多機能でオススメです。

作者様の紹介ページ
http://www.cfc.co.jp/?page_id=20

元々SS加工って用途じゃなく、写真の色調整や加工に必要な一発的な機能をひとつのアプリにまとめたもので、以下の機能があるみたい。回転とモザイクの両方とも含まれている点が、他アプリと比較して特徴的です。

<編集>

  • リサイズ(768×1024,600×800,480×640,360×480,240×320)
  • 回転
  • トリミング
  • ホワイトバランス
  • 彩度
  • 明るさ/コントラスト

<エフェクト>

  • モノトーン(RGB独立/セピアを含む)
  • モノクローム(特殊なモノクロ化2つ)
  • 落書き(Undo機能あり)
  • モザイク(Undo機能あり)

<入出力>

  • カメラから(iPhoneのみ)
  • 写真アルバムから
  • 保存(1200×1600~240×320/作業解像度による)

ひとつの写真に対して何度でも重ねて加工が行えますが、作者様のページにも注意書きがあるように「メモリが厳しいので800×600ピクセル以下での使用がオススメ」とのこと。ちなみに作業解像度は、トップ画面の左下の設定で変更可能です。早速、画面をご紹介。

<設定、メイン>

f:id:hiro45jp:20090503172654j:imagef:id:hiro45jp:20090503172711j:image

設定にて画像サイズを選べます。カメラロールor撮影で写真を選択します。被写体は、車の中から撮影したウルトラマン。愛想を振りまくる暑苦しくて目立ちたがり屋のヒーローでした..。

<メニュー、リサイズ>

f:id:hiro45jp:20090503172741j:imagef:id:hiro45jp:20090503172818j:image

メニューにて9種類の加工が選べます。右はリサイズの画面。

<回転、トリミング>

f:id:hiro45jp:20090503172837j:imagef:id:hiro45jp:20090503172855j:image

回転でローテーションができ、トリミングで写真の切り抜きができます。

<ホワイトバランス、彩度>

f:id:hiro45jp:20090503172932j:imagef:id:hiro45jp:20090503172942j:image

ホワイトバランス、彩度の設定。ボタンタップorスライドで。

<明るさ、コントラスト>

f:id:hiro45jp:20090503172959j:imagef:id:hiro45jp:20090503173012j:image

明るさ、コントラストの設定。これもボタンタップorスライドで。

<モノトーン、モノクローム>

f:id:hiro45jp:20090503173030j:imagef:id:hiro45jp:20090503173153j:image

モノトーンは初期パターンの選択ができます。モノクロームも同様。

<落書き、線の設定>

f:id:hiro45jp:20090503175856j:imagef:id:hiro45jp:20090503173232j:image

線の太さや色を指定して、落書きもできます。

<モザイク>

f:id:hiro45jp:20090503173251j:image

ウルトラマンをモザイクにしてみました。やばい写真みたい(笑)

PhotoFXのような細かい設定は無いものの手軽に加工できる点で、優れたアプリだと思います。私の場合、blogのSS画像の加工に使うので回転とモザイクがセットになってるアプリに出会えただけで大満足です。

連休明けには有料になるらしいので今がチャンスかも。

(追伸)iPhoooneさんのネタ収集力は、飛び抜けてる。脱帽です。

-

タグ: Photo, PhotoCooker

Similar Posts:

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>