普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

大辞泉の半額を機に大辞林をポチってしまった…

iPhoneの辞書アプリは、i英辞郎(1000円の英和・和英辞書)を持ってるんですが、国語辞典は持ってません。CMでおなじみの「大辞林」も、気になってましたが2500円なんで躊躇、躊躇…。結局、ゲットせず。

そんな中、いつも巡回させて頂いている「なりなり日記」さんのエントリーに興味が沸きました。

大辞泉がアップデート
http://d.hatena.ne.jp/narinarissu/20090430/1241099500

国語辞典はググる!ってのが私の常識だったんで、そもそも大辞泉と大辞林って何が違うんだ? ってことで改めて調べてみる。大型国語辞典は、以下の3つがメジャーらしい。以下、denno-bonnoさんのblogより。

『広辞苑』
古い時代から紹介。初版で採用した言葉をほとんど削除せず、23万語のうち1万語が古語。
『大辞林』
現代において最も使われる語釈から記そうという姿勢で出発。ロックやジャズの人名から古典芸能の項目も充実、作家にもファンが多いらしい。アクセント表示もあり“朗読ブームにもぴったり”とか。
『大辞泉』
語釈順は「大辞林」と同じだがカラー図版が6千点余と多い。昭和の流行語や最近の新語も掲載、有名小説からの用例、新しい誤用の紹介も。

3つとも本だと8000円前後します。で、iPhone版はどうかというと…。

『広辞苑』
684MB。8500円。24万項目。動画・画像・音声も収録されてるみたいだがiPhoneアプリとしての評価はイマイチ?
『大辞林』
141MB。2500円。25万5千項目。CMでおなじみ。UIが秀逸らしい。ヒラギノ明朝体が美しくて「辞書を見る楽しみ」がある?
『大辞泉』
81.2MB。現在50%OFFで1000円。23万項目。駅探でおなじみのHMDTさん作。書籍版の図版・付録は無し

大辞泉に指が向かうが、大辞泉の特長でもある図版・付録が無しってのが気になる。アイコンも好みじゃなく、容量も小さい。半額で安いけど。

うーん、うーん。

うーん。

…。

結局、『大辞林』をゲット。

文章書く際に、自分の苦手な表現(どっちの漢字だっけと悩む表現)はずっと避けてましたが、ボキャブラリを増やすのもいいなと思い、購入を決意。更に、折角ならばiPhoneのUIとして優れているってアプリを試してみよう。何よりも、一番人気を買わずに後悔した過去のトラウマから脱却したいw

落とすのに時間かかりましたが、無事にインストール完了。

f:id:hiro45jp:20090501055443j:image

確かに素晴らしい。使いやすいし、持っていて損は無い。楽しそうなんで、使ってみようと思います。きっかけをくれたnarinarissuさん。ありがとうございます!結局、大辞林にしちゃいましたが(;^ω^)

-

タグ: 大辞林, 辞書

Similar Posts:

2 Comments

  1. narinarissu より:

    トラックバック有難うございます。はれの第一様です!
    逆に行きましたか~はは(^_^;)
    まあ、有りがちですね。お役にたてて何よりです(^_^)
    僕も国語辞典なんて、大人になって初めて買いましたけど、iPhoneに入れてると結構重宝しますよ。

  2. hiro45jp より:

    narinarissuさん、コメントどもです!
    TB第一号、光栄です~!ほんと、最後の最後の最後まで迷いましたw 最初、このエントリーのタイトル「大辞泉を半額でゲット!」だったくらいですからw 辞書が手元にあると安心という気持ちが若干理解できました。サクサク軽快なのも良いですよね~。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>