普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

iPhoneには四六時中働いてもらいます! – WiredFrame 1.4

縦置きのiPhoneクレードルをゲットしてからLCD Clockの起動が更に増したんですが、今日は卓上iPhoneのもうひとつの選択肢であるWiredFrameというアプリを紹介します。昨日ポチりました。

Wired Frame
http://www.rakuraku-inc.com/prod/wiredframe.html

アプリは有料版(4/22まで115円)と無料版がありまして、無料版は制約が入ってます。今回は有料の機能も含めて評価してみます。

f:id:hiro45jp:20090422232120j:imagef:id:hiro45jp:20090422232132j:image

起動中の画面は上記な感じ。時間と共にFlickrの写真達が入れ替わり、Twitterの呟きやRSSの記事がテロップのように流れます。私はFlickrやってませんがGoodな写真が多いかも(・∀・)

アプリが出来ることをざーっと紹介。

◎メイン画面の挙動

  • 年月表示とお天気表示(バグで表示されない…→v1.5で解消
  • 時計をドラッグすると位置変更できる
  • テロップを左にフリックすると記事が入れ替わる
  • テロップをタップすると全文表示(Safariにも飛べる)
  • ダブルタップで設定もしくは画像保存できる

f:id:hiro45jp:20090422233537j:imagef:id:hiro45jp:20090422233550j:image

◎設定もろもろ

<日付と時刻>

  • フォントと大きさが選べる
  • 日付のフォーマットが選べる
  • 24時間表示の有無
  • 時間表示の有無
  • 日付表示の有無

<テロップスピード>

  • 速い/普通/遅いが選べる

<フォント>

  • フォントと大きさが選べる

<オートロック>

  • 起動からスリープまでの感覚
  • もしくはスリープしない

<天気>

  • 複数の都市設定ができる
  • 都市の追加はGPSもしくは検索で選べる
  • 温度の表記が選べる

<Flickr>→v1.5でPhotoZouのプリセット追加

  • ユーザーを追加できる(有料版のみ
  • タグを追加できる(有料版のみ
  • おすすめ写真の表示
  • 切り替え間隔が選べる
  • 画像キャッシュの枚数が選べる
  • 横表示、縦表示の幅合わせの有無

<Twitter>

  • ユーザーID、パスワード

<RSS> RSS1.0/2.0のみ、Atomは駄目

  • プリセットから選択できる(14フィード)
  • フィードを追加できる(有料版のみ

<画像RSS>

  • フィードを追加できる(有料版のみ

日付や天気が表示されなかったり、たま~に落ちたり、メール着信のポップがアプリの上に重なるとスリープしちゃったり、まだまだアプリとしての完成度には課題が残ります(;^ω^)

でもでも、バグがあったとしても、このコンセプトは素晴らしいと思いますし、今の機能のままでもそれなりに使えます。テロップは、Docomoのiチャンネルみたいで懐かしいし(´∀`)

元々、AppStoreの新着RSSを卓上iPhoneで充電時に流し読みしたいな~という思いがあって、RSS追加が必須だったし、115円のセール中だったんでポチったという背景があります。

現在、RSSには「WeLoveApps!(http://weloveapps.net)」のokajiさんが提供しているフィードを追加し、値下げとか新着のアプリテロップを流してます。だけど英語名だけじゃ何のアプリか分からないですねww ちなみにフィード登録する際にはURLが長いのでTinyURLとか使うと便利かも。

FAQ見ると、どんどんバージョンUPしそうなんでバグFIXを含めて期待して待ってみます!暫くホームに置いてLCD Clockの代わりに使いま~す!

(4/24追記)

1.5のバーションUPが来ました!日付の表示やお天気の表示が直ってます!(σ・∀・)σ

-

タグ: WiredFrame, 卓上時計

Similar Posts:

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>