普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

QuickCalenderが素敵にバージョンUP♪ – カレンダー壁紙

先日紹介したカレンダー壁紙作成アプリのQuickCalender(無料)が、素早いバージョンUPをしてくれまして、更に痒いところに手が届くアプリになってくれました!

参考までに前回記事
http://d.hatena.ne.jp/hiro45jp/20090123/1232720874

今回のバージョンUPの概要は以下の通り。

  • 祝日対応
  • 月名表示の有無
  • 週の月曜開始の有無
  • レイアウト変更

どれも素敵な感じですが、特にレイアウトの変更の操作の仕方にはセンスの良さを感じました!早速画面を見てみます。

f:id:hiro45jp:20090204203244j:imagef:id:hiro45jp:20090204203259j:image

起動画面の中に、起算月や表示月数の設定が移動してます。逆に設定画面では月名表示の有無や月曜の扱いを設定するシンプルな構成に変更されてます。

f:id:hiro45jp:20090204203327j:imagef:id:hiro45jp:20090204203348j:image

起算月の設定は、前回と変化はありませんが、今回、表示月数の設定はオシャレに変更されてます。月数に合わせて、設定可能なレイアウトが決まるので、選択肢の中からレイアウトを選択します。

自由に動かせる仕様にするより、「綺麗に」レイアウトしてくれる方が使う側も嬉しいだろうし、その方が操作も複雑にならないし、開発も簡単だし…というロジックでしょうか。まさにビンゴだと個人的には思います。

f:id:hiro45jp:20090204203422j:image

最終的に出来上がった壁紙。起算月を2月とし、月名を表示させ、3ヶ月の表示で現在月が大きく表示されるレイアウトを選んでます。祝日にも対応です!

先日もコメントを頂きました日本人開発者のid:kanotomoさんのニーズキャッチ力と開発のスピードには驚きを隠せません。すっかりホームに定着しています!

感謝感激です(*^^*)

残されたニーズは、カレンダーの移動とフォント(色)設定くらい。っと言っても今でも十分に満足だったりします。お薦めのアプリです!

-

タグ: QuickCalender, 壁紙

Similar Posts:

4 Comments

  1. kanotomo より:

    おぉ、早速ありがとうございます!
    色は変えたいですよね。もうちょっとかかりそうですが。
    移動も実現はしたいのですが、インターフェースをどうするかが悩みどころです。。

  2. hiro45jp より:

    kanotomoさん、こちらこそありがとうございます。
    今回、移動よりもレイアウト選択にした仕様は素晴らしいと思います。
    この仕様にした場合、延長線上の仕様ですが、先月、今月、来月と
    表示し、今月を大きくしたいというニーズがあるかなと思いました。
    つまり、大きくする月を選択できると嬉しいかもしれません!
    と言いつつ、今のままでも十分に素晴らしい出来栄えと思います。
    改めてありがとうございましたm(_ _)m

  3. abiphoneab より:

    要望は尽きることはありませんが、着々と完成度を高めるアプリって使っていて気持ちの良いものですね。
    いつも丁寧な記事は助かります!

  4. hiro45jp より:

    abiphoneabさん、コメントどもです~m(_ _)m
    そうですよね。きっとアプリ購入数って初版でどれだけ食いつくかが
    重要なんだと思いますが、購入者の立場に立ち、着々とバージョンUP
    して頂けることには本当に頭が下がりますし、そんなアプリは紹介
    したくなっちゃうんですよね(^^)
    今回は、バージョンUPするのを事前に教えて頂いてましたんで
    「素早く丁寧にレビューするんじゃぁぁ」と意気込んでました(^^)
    まだまだ幼いブログですが読んで頂けてありがたいです。
    今後ともよろしゅーm(_ _)m

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>