普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

アートワークを設定してみる – iTunes

iPhoneでiPodを聞きながら横向きにするとカバーフローになってアルバムの画像をパラパラとめくれます。

なんか、Web等でカバーフローを宣伝している人って全部アートワークが設定されてて、全アルバムiTunesから購入したの?ありえんでしょーなんて感じていたのですが、実は自分でアルバムの画像というかアートワークを設定してるんですよね。きっと。

iPodずーっと触っている人は、当たり前のテクなんでしょうが、アートワークを簡単に設定する方法を知らなかったのでちょっと、調べてみました。

「iTunes」のライブラリにアートワークを簡単に登録できる「Voralent Invidi」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/04/25/voralentinvidi.html

Googleのイメージ検索と絡めて設定するフリーソフト。聞いている曲から勝手に探ってくれるので検索も楽チン。私のiPhoneには70強くらいのアルバムが入ってますが、全て設定してみました!これで、iPhoneでカバーフローを使う様子を周りに自慢できます(^^;

結構、時間かかったんで疲れましたが、次回からは差分なんで問題なし。

いやー、これまでの私の常識がいかに古いかが分かりました。元々アートワークが出た当時は、こんなソフトも無かったし、設定が面倒だよなーと放置してたんです。日進月歩でいろんな楽チンソフトが出てるんですね。感心しました。

-

タグ: iTunes

Similar Posts:

One Comment

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>