普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

6月 7th, 2009:

Twinkleが1.5で新UIと安定感を手に入れて戻ってきた(´∀`)

私がTwitterを始めるきっかけにもなったTwinkleという無料アプリが、久しぶりにバージョンUPして戻ってきました。実はこのアプリ、ずーっとメインで使ってたんですが、不安定が嫌になり、iTunesに眠っていたんです….。

当時の私は、TwinkleでTwitterを知ったというか、同じもんだと勘違いしてたんですが、最近、やっと両者の違いが明確に分かりました。遅っ(;´Д`)

で、Twinkleとは何か…。

Twinkleは、Twitterとは似て非なるTapulousというSNSサービスの唯一のクライアントであり、Twinkleを使っているユーザーはiPhoneユーザーのみって点が大きな特徴です。又、Nearbyという独自機能。この機能により、近所のiPhoneユーザー(且つ、Twinkleユーザー)の呟きだけを拾うことができ、Twitter以上にご近所さんの繋がりを強烈に感じることができるんです。

まったりと、そしてゆるゆるの関係でTimelineを眺める。Friendsの繋がりもTwinkleの仕様が緩いんで、Twitterほどに強くなく、その時その場で出会った呟きを楽しみ、自らも呟く。そんな原点に戻った呟き体験ができるかも!(´∀`) 概念的な話よりも百聞は一見にしかず。アプリを見ていきます。

f:id:hiro45jp:20090608011427j:imagef:id:hiro45jp:20090608011439j:image

まずはセットアップから。Twinkleは今回のバージョンからTapulous、Twitter、Facebookの3つのアカウントを明確に区別して設定するようになりました。3つのSNSがTwinkleを起点に統合運用されるイメージです。尚、私はFacebookのアカウントを持っていないんで、ここからはTapulousとTwitterのことだけをご紹介します。すみませんが、ご了承を…m(_ _)m

アカウント設定以外の項目ですが、上から「位置を公開する?」はTwinkleするならONは必須。「確認音」ですが、Twinkleの音は癒されるので是非ON。「Nearby自動更新」もONがオススメ。「ブロックユーザーを見せる?」はお好きに….。最後、「マップビューの表示」ですが、これだけは詳しく解説。

f:id:hiro45jp:20090608011511j:image

タグ: Twinkle, Twitter