普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

1月 8th, 2009:

FreeMemory1.3 – MemoryStatus, バッテリログと比較

以前落とした115円の有料アプリのFreeMemoryが1.3にバージョンUPしましたんでご紹介します。このアプリは、iPhoneのメモリ使用量をMBの数値、バッテリ状態を%の数値で見せ、20MB程度であればワンボタンでメモリ開放してくれます。

類似アプリとしては、230円のMemoryStatus、350円のバッテリログがありますが、これらのアプリの一部の機能を115円で提供している感じです。それでは、1.3の機能を含めてFreeMemoryを見ていきます。

f:id:hiro45jp:20090108233911j:image

1.3では、MemoryStatusのようなプロセス表示、又、バッテリログのようなバッテリ状態を%の数字で見せる機能が追加されてます。テストの為、事前にSafari、iPod、Mailを起動した上でアプリ起動すると、4.72MBのFree状態でした。

f:id:hiro45jp:20090108234012j:imagef:id:hiro45jp:20090108234023j:image

「FreeMemory」ボタンをタップすると20MBになるまでバックグランドで走っているアプリを開放します。今回は、Safariのメモリを開放し、29.24MBのFreeを確保したようです。で、アプリをすぐに閉じてMemoryStatusでも、状態を確認してみました。結果、Freeは23.8MB。微妙に結果が違います。カウントしているプロセスの数というか前提が違うんじゃないかなーと思います。

f:id:hiro45jp:20090108234052j:image

iPod、Mailがプロセスとして残っているのはMemoryStatusで見ても確かなようで、ここでMemoryStatusのLevel2でメモリ開放をしてみます。結果、29.8MBまでメモリ開放しました。で、この結果をFreeMemoryで見てみると、32.79MBという表示。やっぱりカウントする基準が違うようですね…。

f:id:hiro45jp:20090108234200j:imagef:id:hiro45jp:20090108234147j:image

ちなみにFreeMemoryの画面の下部にBattery Levelの表示があり、89%と記載されています。これは本当?ってことで、バッテリログを起動して確かめてみるとバッチリ同じ結果が得られました。こちらは正確なようです。

タグ: FreeMemory, MemoryStatus, System管理, バッテリログ