普通のサラリーマンのiPhone日記 Rotating Header Image

12月 12th, 2008:

MemoryStatusがバージョンUPしてメモリ解放可能に!(*^^*)

MemoryStasus(230円の有料アプリ)がバージョンUPし、メモリ解放出来るようになりました!一挙に実用的になったんで改めてご紹介します。

ちなみに類似アプリで最近SysStatsLiteというアプリが無料で登場してましたが、MemoryStatusがメモリ解放出来るようになったんで一挙にSysStatsLite価値が下がりまして、現在はMemoryStatusがホーム画面に居座ってます(*^^*)

f:id:hiro45jp:20081212223218j:imagef:id:hiro45jp:20081212223239j:image

左は起動時の画面。かなり様々なアプリを触った後で起動してるんで、Freeがかなり減っている状態です。右は今回から項目説明が日本語になったんで説明を表示してみました。

f:id:hiro45jp:20081212223551j:imagef:id:hiro45jp:20081212223614j:image

左は今回のバージョンUPで追加されたちょー重要な機能。ポチっとするとメモリを消費が大きいアプリが表示さますので、解放のレベルを設定します。すると、画面のような警告メッセージが表示され、メモリ解放が出来るようになります。

右は解放後の終了画面。使ってて解放中に落ちたことは実はありませんが、この画面に到達する前にアプリが落ちることも説明を読む限りありそうですね~。

f:id:hiro45jp:20081212223632j:image

再度、現在の状態を表した画面。むっちゃ解放されてる様子が伺えます(*^^*) 動きも気持ちサクサクしてる気が何となくします。

iPhoneの動きがもっさりしてる時など、このアプリを定期的に使うことで、iPhone自体が軽くなるかもしれんってことで、頻繁に使うアプリになりそうな予感がプンプンします。

タグ: MemoryStatus, System管理